December 03, 2012

出来ない本当の理由は?


iPhoneいろいろ弄って調整中、ほぼ使えるようになってきました。
あとはサイクルコンピュータ機能を付加するくらいか、、、
そのための増槽タンク(モバイルブースター)検討中。

銀杏の黄葉
↑iPhoneカメラで撮影

上記写真、カメラロールのjpeg画像を取り出すにはメモリチップがある訳ではないので、USBかWiFiかNet経由で転送しなければならない、iCloud使うのが標準らしいけど、iMacのiPhotoは使っていないので、というか、iLifeアプリあまり好きじゃないので、出来ればiPhotoとiCloud使わずに取り出す方法がないか?と考えていたら、ReadyNAS RemoteのiOS版をインストール済みで死蔵してたの思い出し、使えるようセッティングしました。かなり、頓智を使いましたが。。。

なるほどAppストアでけちょんけちょんにけなされてるのもうなずけます。
これ頭を捻らないと使えるようになりません。。。使い方ガイドもデマ情報書いてますし。。。

先ずPC版と同様iPhone用のアカウントをNETGEARの管理サイトで作成しなければなりません。それからウチはPCは全てアカウントで入る設定になっているのでNAS側にもiPhone用のアカウントを「アカウント管理」で別途仕込みます。
それから「ファイルサービス」でFTPサービスを起動、説明では認証モードを「匿名」にしろと書いてますが、ウチは全部アカウントで入ってるのでここは「ユーザー」にしないとダメです。←ここで引っかかった
ちなみにルーターのポート21を開けろと説明している所もありますが、これは不要です。ルーターは弄る必要なし。
んで管理サーバのアカウントをNAS側で認識させてセットしたら、NASを再起動(あるいは「アドバンスセッティング」にあるP2Pリスタートボタンを押下)←ここでも引っかかった、、、汗

次にiPhone側で管理サーバにサインオン、NASを認識したらCIFSとFTPの設定があるのでFTP側を選び、先に設定したアカウントでIDとパスを入力、アノニマスで入ると弾かれますので注意。

きちんと手順を踏めばどこからでもNASに入れるので便利。
これでカメラロールのjpeg画像をNASにアップロードして、自宅に戻ってiMacにて加工、アップしたのが上記写真です。

とりあえず使ってみて、自宅にて3G回線(LTE来ないので(T-T))テストアップロードOK、会社からWiFiでアップロードOK、でしたが、なぜか事務所近くでお昼休みにLTEでアクセスしたら弾かれました。。。。謎です。

LTEの威力が生かせないじゃん。。。(T-T)


Posted by thin at 22:56:44 | from category: ニッキ | DISALLOWED (TrackBack) TrackBacks
Comments
No comments yet
:

:

Trackbacks
DISALLOWED (TrackBack)