May 30, 2010

予め諦めておこう(苦笑)


0勝2敗1引き分け

これが、今回ワールドカップにおける日本代表の成績予測、であります。
従って、予選リーグ敗退、とてもとてもベスト4なんて無理です。

前から判っていたけど、今日の試合を見て確信してしまった。
4番が浦和からいなくなって、結果、良かったのかも知れない。。。

↓決定的瞬間、このまま1-1で終わったらもっと面白かったのに、、、
オウンゴールその1

それよりも、イングランド代表が深刻かもです。
カベッロ監督の指導力を持ってしても、今回もベスト8止まりか、、、
もしかするとベスト16に後退かも。。。

今回ワールドカップ、優勝は「今度こそ」スペインだと予測しますが、またまた敗退して、また「無敵艦隊」と揶揄されるのか?どうかな〜??

以前ブログで書いたとおり、アジア勢はオーストラリアが残れるか?ですが、韓国代表が調子を上げてきているのでもしかしたら韓国もベスト16に行くかもです。

というわけで、日本代表が予選敗退しても決してがっかりしてはいけません。
むしろ色々問題有る南アに長期間残るよりさっさと帰国した方が良いかも?
次回ブラジル大会で頑張れば良いのです。

あ、ワールドカップ招致の問題もあるか。でも、今回も?(今回こそ?)韓国に持ってかれそうな予感が。。。


May 17, 2010

第一次ジベレリン攻撃


ブドウの木、ここ最近お仕事があって忙しく、二三日ぶりに見ると、あ〜という間に徒長してヒゲが絡まるわ意図しないところに伸びるわで、誘引して補正するのが大変になります。先日誘引しようとして高いところの新梢を背伸びして掴んだら根本からポキッと折れてしまい、、、汗

また、先日の強風でも新梢一本が折れました。被害極小、といいたいところですが、今年はか・な・り選定しまくってるので、昨年比新梢自体が少なく、葉もまばらで目隠しにもならず、かなり寂しいブドウの木です。

↓現状、こんな感じ。新緑が美しい、と、ご近所でも言われてます。

AF-S DX Zoom-Nikkor 18-70mm f3.5-4.5G IF-ED : マニュアル ISO100 WB晴天 1/160 f7.1

この春先の天候不順が祟って、新梢の生長もバラバラで不揃いで、一番日当たりの良いところはもう既にジベレリン攻撃の適期なんですが、他はまだまだ小さくて未熟なものがあるなど、もうバラバラなタイミングで、種なしブドウ作れるのか?かなり、怪しい状況です。しかも、選定しまくって昨年比房自体の数が少ない。恐らく今年は50房を割り込むでしょう。ざっと数えて未だ25房くらいしか確認できていません。それでも、情け容赦なく新梢1本につき、蕾を2房までに抑え3房目以降はバッサリと選定してしまいます。。。

↓昨年の今頃は、、、満開でしたね。。。(これは昨年5月20日頃撮影)

AF-S DX Zoom-Nikkor 18-70mm f3.5-4.5G IF-ED : プログラムオート ISO200 WB晴天 1/125 f4.5

んで、本日事務所に向かう前に、さっさとジベレリン処理をしてみました。
弟からもらったプリンの容器ビーカーを活用して、これにジベレリン錠剤を2ヶ入れて、100mlの水で溶いて100ppm水溶液を作成。プロが使うようなコップが手元にないから、そのままビーカーでつけ込み作業をしました。まあ、庭先の小さな木ですから、25房くらいしか無く、ちょっと作業性が悪かったけど、簡単に終わりました、、、

↓ジベ処理後の房見本?こんな感じです、典型的ジベ処理適期の特徴が見て取れます。

AF-S DX Zoom-Nikkor 18-70mm f3.5-4.5G IF-ED : プログラムオート ISO100 WB晴天 1/200 f4.5

ただ、見た感じ適期の房と未だ早い感じの房とがあり、未熟なのは諦めてタネ有りブドウにし、大体行けそうなモノのみ処理を施しました。

上手く種なしになるかは自信がありません。

なんか今年は不作の予感。。。OTL



May 15, 2010

正体見たり

これはもっと早くに書きたかったのだけれども、、、

民主党政権の正体見たり、

「官僚主義政権」

だと確信した。。。OTL

だって、総理のブレかた、閣僚の話し方が、まるで霞ヶ関のお役人そっくり、デジャブが、、、

「官僚主義」は、最悪ですよ、、、

「官僚主義」は、「専制政治」の次に最悪、です。否、場合によっては「専制政治」の方がマシかも、、、名君、賢君に恵まれた専制政治より官僚主義の方がマズイだろうし。

私が「社会主義」「共産主義」を否定するのは、ひとつにはその体制が「官僚主義」を招きやすいからだ、というのもあります。

民主党政権発足以来の流れを見てると、どうも、官僚にとって望ましい方向に誘導されてるような気が、、、

中央集権体制が着々と強化されてきているな、と、そんな気がするのですが、、、

今、民間が危険水域までリストラを断行した状況で、この国が取るべき次のステップとして次は霞ヶ関のリストラを断行しなければならない、というのに、霞ヶ関は未だその重要性を否定し相変わらず省益確保に血眼になってる、そんな印象です。

民主党政権も頭の良い官僚諸兄のサボタージュにすっかり参ってしまい、結局彼らの良いなりになることに決めたようです。

さてさて、一体いつになったらこの国の人々は霞ヶ関に焼き討ちに出るようになるのか、、、そうなったら江戸時代以来の革命的出来事ですが、そうでもしない限りダメなんじゃないのこの国は?という絶望的な気分にもなります。

省益は国益に優先する、だもんね、彼らのパラダイムは、、、、

↓トンネルを抜け出すのは一体何時??

SIGMA 12-24mm f4.5-5.6 EX DG ASPHERICAL HSM : プログラムオート ISO100 WB晴天 1/100 f5
(View NXにてピクチャーコントロールをモノクロに変更)


May 05, 2010

やっと出来た〜


予定より遅れています、モデリングです。(^^ゞ
気が向いたらやるので、寡作もいいところ、ですね〜汗

連休中に出かける予定もなく、チマチマとモデリングを進めていました。

↓やっとできた上野方先頭車、クハ180。先頭部、床下機器、一気に終わらせました。
できた公式側

↓細かいところは資料がないので写真を見ててきと〜に、です。
できた非公式側

床下機器作ってる途中で、色々細かいところに気がついて、クハ181の修正をかけていました。なんか資料がないから想像力と観察力を働かせてで、結構難しいです。
資料がしっかりあれば、別に難しくはないのですが、鉄道モデリングの場合、これはどういうカタチをしてるのか?を知るのが、最大の難関だと思います。

さて、181プロジェクトもいよいよ残り後一両、食堂車サシ181が残りました。
これからこれをやっつけていきます。。。