August 13, 2008

広角レンズの片ボケ問題


今年始めにデジカメに先じて使い始めていた広角レンズ(シグマ12-24mm F4.5-5.6 EX DG ASPHERICAL /HSM)、F801sで使っていたときは気が付かなかったけど、D80で使い始めてなんだかボケボケだなあ。。。と感じていたけど超広角だから致し方ないのかなとも考えていた。けど、仕事でマンションの撮影で使ってみてどうも建物の上の方が妙にピンボケに見えて、、、実際チラシに印刷されたものを見たらやっぱりこれは異常だという話になりました。で、ネットの情報を漁って見たらこのレンズ「片ボケ」の問題が結構頻発してる。。。またオートフォーカスは要注意、ということで実際実験してみると確かにパンフォーカスでピンが1〜2メートルになってる。実際はもっと遠くに行かなければ行けないはず。。。そこで再撮影の際にはマニュアルフォーカスで撮影、随分改善されたけど、なおも建物上部がピンボケ直らず。さらに実験で看板を平行で撮影してみたら、明らかに画面右側が片ボケしてる。。。

と言うわけで実際に撮影した画像をiDiskにアップしてシグマのサポート宛にメールしてみたら、修理に出してくださいとの返事。後で携帯に連絡してくれるなどなかなか良い感じのサポートで好感が持てました。
結局「合焦性異常」とのことで新品と交換ということになったのですが、以降、問題が解決しました。以前D80初撮影で本レンズの収差が手持ちのレンズで一番劣ると書きましたが、それは片ボケが結局は原因で今ではかなりシャープな画が出て来るようになり満足してます。このレンズを持っていてなんかピンボケしてるという人はサポートに相談してみると良いです。このレンズ結構この問題多いみたいです。製造が難しいのかも?

↓戻って来たレンズでテスト撮影。以前とは明らかに違いシャープな絵が出ます。




August 10, 2008

デラウエアと判明


何のことかといえば、ウチの軒先にはびこる葡萄の木の種類です。今までわからなかったのですが、実が熟したら紫に色づいたので、デラウエアと判明。

↓軒先にぶら下がる実。邪魔なので取って食べてみました。
要は「種あり葡萄」です。市販のものと違い一粒一粒もれなく種が付いてきます。(苦笑)


しかし、昨年まで実がならなかったのでまさかデラウエアとは気が付きませんでした。。。
今年はたくさん実がなっています。食べきれないくらい。。。