November 23, 2010

大阪取材のあとがき


次期プロジェクトの70形制作のため、同世代の車両である80系の詳細写真が撮れれば、80系が現存する大阪弁天町の交通博物館でその基礎データが得られるかな、と、もくろんで1泊2日の弾丸取材に出た大阪行きですが、肝心の床下機器はフェンス越しではありますが、なんとか撮影してきました。
ただ、堂々と中に進入してる人がいたのがOTLでしたが、、、

↓80系に会いに行ってきました。

AF-S DX Zoom-Nikkor 18-70mm f3.5-4.5G IF-ED : プログラムオート ISO100 WB晴天 1/125秒 f5.6

条件は理想的とはいかないけど、それでも、モデリングには充分でしょう。
70形初期形でも使用されたDT16台車とTR45台車の実物詳細写真を撮影できたのは収穫でした。あとこの時代の主な床下機器の詳細も撮れたので、わざわざ大阪まで出張った甲斐は有りました。

↓無理矢理床下機器撮影。

AF-S DX Zoom-Nikkor 18-70mm f3.5-4.5G IF-ED : マニュアル ISO800 WB晴天 1/30秒 f5.6

事前調べでは大阪弁天町の交通博物館は入館料があるはずなのですが、当日消防のイベントがあったためか、無料解放されていて、入館料0円で入れました。
せっかくはるばる来たので、ついでに中もじっくり見学してきました。
リニア試作車両ML500が有ったり、0系が4輛もつながって展示されていたり、クハ181(でも、クハ481のような気もする)の運転台に座れたりと、結構充実していました。大宮に比べれば敷地も少ないし展示車両も少ないですが、車両は外に展示されてるので床下とか結構撮りやすいかもです。ただ、片側がホームで覆われていて撮れないのは大宮と同様でした。残念。理想は、横川の鉄道文化村スタイル、かな〜
それに大阪弁天町風に屋根をつけて雨よけ保護を図るのが理想かも。

↓行きの新幹線はN700系。今回初乗りでした。

AF-S DX Zoom-Nikkor 18-70mm f3.5-4.5G IF-ED : プログラムオート ISO100 WB晴天 1/320秒 f4.5

今回、往復の新幹線で往きはN700系、帰りは700系でしたが、これらの車両に乗ったのは今回が初めて、でした。前回は300系だったので、、、



November 20, 2010

進入禁止

なんだって。
ここで入って床下じっくり撮影したかったよ。


80系床下撮れない

なんか駄目っぽい


弁天町なう〜

はるばる来たよ大阪に。80系に会いにね。


November 15, 2010

その後の二台目


二代目Windowsマシン、好評のうちに運用中です。

結局、S-VHSテープをDVD化するのはやらずに旧窓機はリサイクルに出してしまいました〜
なんか、譲ってくれとか要らないとか、いろいろありまして、、、

単純にDVDレコーダーにダビングにして再生時にアップコンバートでも充分かも?

↓全然関係ないけど、新宿の街並。夕景撮影の実験?

AF-S DX Zoom-Nikkor 18-70mm f3.5-4.5G IF-ED : プログラムオート ISO100 WB晴天 1/500秒 f5.6


グラフィックカード、とりあえず暫定でGT240ですが〜
マーブルクレイというフリーのポリゴンモデラーでOpenGL使いますが、投げ縄選択のところで画面が乱れます〜汗
それ以外は良好ですね。でもGT240はカノープスのGPUfxが効くのでそっち方面で活躍しそう。旧窓機で使っていた「DVDムービーライター」の後継ソフトとして「EDIUS Neo 3」を将来的に入れる予定。GT240のままの方が吉かも?

グラボはフェルミ世代のDirectX11対応のやつを後でじっくり選ぶとして、、、将来的にはQuadroFX2000に行きたいですが、、、どうかな?

「FIRECOER Blu」は入れない事にしました。Core2世代ならパフォーマンスメリットあるそうですが、、、Core iシリーズではパフォーマンスメリットあまりないそうです。超解像技術の有用性もコンシューマでは疑問符がつくとか、、、
CPUのCore i5 760=2.8GHz4コア4スレッドのパフォーマンスが存外に良いです。多分MacPro=Xeon5400×2で2.8GHz8コア8スレッドなんですが、厳密な比較テストした訳ではないのですが、簡単な実験の結果、MacPro破れたり、の感じです、、、これなら、大抵の処理2時間程度で押えられそう。ならば、柔軟性あるソフトエンコで良いかも?
普段使いの消費電力も押えられますし。

地デジチューナーは現在リサーチ中。口コミ情報だとどの製品もなんかトラブル報告多いですねえ。。。OTL
アナログ時代とは勝手が全然違うのかな?なんか製品としてのパッケージ化するのが難しいのか、トラブルなしの商品が見当たらない感がします。
もうしばらく様子見かな?