December 30, 2009

机の上、すっきり


今日、自室の大掃除を済ませました。
明日は、天気が風が強くなるかも知れないからです。窓掃除、4面やったので疲れました、、、

大掃除に合わせて、Windows機のキーボードを、交換しました。
いままでのフルサイズPS2キーボードは、使わないキーもあったし、なにより大きくて机に収まらず、仕方なくモニターの上に収納し、使うときは膝の上に置いて使っていたのですが、本来は、このパソコンラックを設計したときは、2台のマシンを平行して使う事を想定していたのでした。

今年はWindows7が発売になり、来年はいよいよWindows機をリプレースしたい、そんな機運です。なので、今時のマシンは自作するにしても、キーボードがUSBが標準なのでどのみちキーボードを新調しないと行けない、何か良いものがないか?考えていました。

一昨年、以前記事で書いたけど、G4のCPUキャッシュが焼き切れて今の8コアintelMacに乗り換えたのだけれども、これに付属のキーボードは、当初食わず嫌いでイヤだな〜と思っていました、が、実際使ってみると意外と自分の手に馴染んだのでした。キーストロークが短い方がミスタイプが激減するとは自分でも意外でした。それで、この新しいアルミキーボードが気に入ってるのですが、これが、Web口コミ情報でWindowsでも使えるとのこと、そこで、AppleKbWinというソフトを落として、AppleキーボードをWindows機でも使ってみることにしました。

アルミキーボードはテンキー付きの他にサイズがコンパクトなテンキー無しバージョンがあり、このサイズだと机に並べてもマウスと干渉せずに上手く収まりそうです。これはベストソリューションかも?と言うわけで、テンキー無しAppleアルミキーボードと、AppleKbWinの組み合わせを導入してみました。

↓ダブルアルミキーボード並びの図。左がMacで右がWindowsです。机の上がスッキリしました。

AF-S DX Zoom-Nikkor 18-70mm f3.5-4.5G IF-ED : プログラムオート ISO800 WBオート 1/30 f3.8

組んでみて、やっと、机の上が当初計画通りに体裁良くまとまりました。良い感じです。

接続してみたら、標準ドライバでもしっかり認識しますが、AppleKbWinを使うと、殆ど問題なく使えます。これは便利。(^.^)
但し、設定は若干変えて、英数キーでかなと英数の切り替えをする設定にするととても良い感じです。

これで、来年新しいWindowsマシンを、自作するか、掟破りのMacMiniでBootCampするか、どちらを選択しても準備オッケイです。でも、その前に親のPCのモニターが危ういので、Mac用に新しい液晶モニターを入れて、玉突き転属でやりくりするのが先ですが。


Posted by thin at 23:51:22 | from category: ニッキ | DISALLOWED (TrackBack) TrackBacks
Comments
No comments yet
:

:

Trackbacks
DISALLOWED (TrackBack)