November 28, 2009

で、結局、復活させた、、、


今日は愚痴を書きます。
DVD作成できないの問題ですが、結局、CaptyDVDを復活、というか、再インストールで解決させました。

Ulead DVD MovieWriterで作成したDVDは無惨にも強制横長画面になってしまい、結果、失敗となり、ココでDVD-Rディスクを1枚、犠牲にしたのでした。

色々考えてみて、例のCaptyDVDを復活してみるか?と考え、メーカーサイトで今のマシンで走るのか?心配で調べたらロゼッタで使えるとのこと。しかも私の知らぬ間にアップデータが出ています。削除した時点での最終バージョンは2.5.1だったのですが、メーカーサイトで2.5.4のアップデータが出ています。なんと、メニューの再生での問題を修正したとのこと!
この問題で私は揉めたので、「もっと早く出して欲しかった、、、、」

ともかくも押し入れからインストールディスクを引っ張り出して再インストール、2.0.0からなので先ず2.5.0のアップデータを適用してから2.5.4に順次上げてゆきました。起動時にシリアルの入力を求められるはずでしたがすんなりと起動、、、どうやらG4時代のシステムファイルがそのまま引っ越したので、マシンがシリアルを記憶していたようです。ちょっとビックリしました。

この間、テープ書き出しも、実は問題山積で、前回時点で一応書き出しはしていたのですが、あくまでも最終チェックの為の仮書き出しで、一通り確認してミスや直すところをチェックして、それをふまえてプロジェクトファイルを修正してから最終作品に仕上げるのですが、テープへの書き出しの際に、幾つか、小さなトラブルが有って、その度に書き出しをやり直すのですが、テープが何回かストップと記録を繰り返すウチに傷んでしまい、所々に音切れやドロップアウトが発生するようになってしまいました。

↓Final Cut Expressの編集画面、今回、各パートごとにシーケンスを分けて編集、本編はネスト構造に。作業効率が良くなりました。
編集画面

ホント、DVテープの弱点で、弱いんですよねえ、、、80分テープだからなんですが、こうヨワヨワだとHDVはDVよりもドロップアウトがさらに目立つので、将来の移行を考えると、なんかげんなりしてしまいます。原理上、DVフォーマットはどうしても塵埃等ドロップアウトに弱いので理屈では仕方ないと判っているのですが、それでも頭を抱えてしまいます。

んで、思い切ってテープを追加購入。HDV対応のマスターグレードを思い切って奮発、此で再書き出し、しました。
んが、また一発ドロップアウトがあるのを確認。OTL
しかし、音切れは解決したので、ドロップアウトは、目立つところですが、我慢して自分を納得させました。

CaptyDVDですが、早速オーサリングして作成したのですが、MPEG変換が早いのでビックリです。ロゼッタでやってるはずなのに、G4よりも3倍は速いです。大体2時間以内には出来てしまいます。しかも片面2層記録にも対応しました。

懸案だったメニューも前回「定点観測Vol.1」の時は環境によっては再生が不可能となる危険があるのですが、今回、それが見事に解決しています。

ただし、標準画質ではどうしてもアーチファクトが目立ちます。絵柄にも依るのですが今回の「定点観測Vol.2」はMPEGが苦手とするシーンが多いようです。やはり、ビットレートをギリギリまで上げられるオプションが欲しいところです。ちょっと勿体ないですがせっかく片面2層記録に対応したのですから此を使わない手はないでしょう、、、

なので、今回、方針を変更し、片面2層ディスクを採用して此で作り直すことにしました。此だと映像の圧縮に高画質モードが使えます。(前回「定点観測Vol.1」では高画質モードで片面1層記録で収められた)

↓結局復活したCaptyDVDのオーサリング画面。
オーサリング画面

そんなこんなでやっと昨日の段階でDVマスターテープとDVDマスターディスクが出来たのですが、ココまで来るのにDVテープ80分1本とDVD-Rディスク6枚とDVD-R DLディスク1枚を犠牲にしました。なんか、へたくそですよねえ、私、、、OTL



Posted by thin at 14:21:45 | from category: ニッキ | DISALLOWED (TrackBack) TrackBacks
Comments
No comments yet
:

:

Trackbacks
DISALLOWED (TrackBack)